古美術湘南(神奈川県公安委員会公認)
安心宣言店舗の概要お取引の方法通信販売法FAX注文用紙リンク
HOME > うぶ品・新着コーナー
リピーターの方は、このページを【ブックマーク】されると便利です!  
うぶ品・新着コーナー
小田急線鵠沼海岸駅の隣りにオープンしました。 (写真をクリックして下さい)
ご注文、お問い合わせはFAXまたはメールでお願いいたします。
送料、消費税は当方負担です。
2点以上同時にお買上の場合は、2点目から1,000円値引きします。
おしらせ

1.古美術湘南の店舗

電話/FAX番号:0466-26-0224

住所:神奈川県藤沢市鵠沼松が岡
4丁目19番5号

小田急江ノ島線鵠沼海岸駅の隣り
(藤沢寄り踏切り角)

営業時間:11時〜18時

定休日:日曜・月曜日
(当分の間、日曜日もお休みします)

2.うぶ品・新着コーナーの更新は週末に
行います。(金曜夜10時予定)

ご注文方法
オンライン注文フォーム
Eメールで注文
FAXで注文
   
 
ごゆっくりお楽しみください
*写真をクリックすると詳細写真が見られます。
前を見る 1 2 3 4 
 
   
 
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[15] 杉田祥平色絵紫陽花(アジサイ)画茶碗共箱
時代:15年程前の作
外径:12.3cm高さ:8.1cm

作者は江戸時代より仁清、古清水の流れを継承し、現在、全国的に高い人気のある茶陶作家である京都清水の名窯、清閑寺窯の3代目杉田祥平。現在は4代目が盛業している。
作品は品格のある美しさで紫陽花が描かれた茶碗です。
作品は殆ど未使用品と思われる位にきれいな状態で、従って使用上で特に気になる程の難点はなく状態は非常に良い(B950)
価格:45.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[14] 大徳寺小林太玄老師茶杓共箱
銘:『好日』
時代:10年程前の作
長さ:18.7cm

作者は大徳寺塔頭の黄梅院の現住職の小林太玄老師。
銘の『好日』は『こうじつ』と読み、良い日をいう。『日々是好日』という句からとった二字。『心が外境に惑わされることなく、常に平常心を保つならば、毎日が良い日となる』の意味。
作品は新品同様と思われる未使用品で、従って使用上で特に気になるような難点はなく状態は非常に良い(B1595)
価格:16.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[13] 大徳寺藤田寛道老師書付一重切花生共箱
銘『蓬莱』
時代:40年程前の作
胴径:9.9cm(上部最大)×8.8cm(下部最大)高さ:27.2cm

作者は大徳寺出入りの竹器師の遊山の造った花入れに、大徳寺塔頭雲林院の住職の藤田寛道老師が書付たものです。
作品は『蓬莱』の銘が付いています。蓬莱とは、中国の神仙思想に説かれる三神山の一つで、山東半島の東方海上にあり、不老不死の薬を持つ仙人が住む山と考えられていた。お目出たい時に使われる言葉。
作品は使用感があり、外面の竹皮が付いている部分は非常に綺麗ですが、内面の加工した部分にはシミ等の変色等がありますが花を生ければ殆ど気になりません(B1698)
価格:20.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[12] 早見征一楓蒔絵神代杉八角茶器共箱
時代:20年程前の作
横幅:5.7cm×縦幅:5.7cm高さ:7.7cm

作者は石川県山中町の名匠・前端雅峯に師事して加賀蒔絵技術を習得したベテラン作家。
作品は数千年も土中や水中に埋もれていた杉(神代杉)材で作られた八角茶器です。
作品は多少の使用感がありますが、使用上で特に気になるほどのキズや汚れ等の難点はなく状態良好(B1641)
価格:15.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[11] 而妙斎書付長岡空権(11代)出雲焼三島水指共箱
時代:20年ほど前の作
外径:約17.8cmcm高さ:19.3cm

楽山焼は島根県の出雲焼とも言われ、江戸初期に藩主の命により萩の陶工・倉崎権兵衛を招聘し、当時人気のあった高麗茶碗を手本に作陶したことに始まり、1800年代には松平不昧公の庇護のもと今日まで出雲の名窯として受け継がれ、作品は当代11代空権の作品です。
作品は高麗時代(14〜15世紀)に朝鮮半島から伝わった茶器の一種で、表面を櫛等で欠き落し、掻き落した溝に白釉を埋め込んだ象嵌法で作られた品格のある素敵な作品に仕上っています。
作品は殆ど未使用と思われ、従って使用上で気になるようなキズや汚れ等はなく状態は非常に良い。お家元書付にふさわしい素晴らしい作品です。塗蓋は京の塗師で表派を代表する鈴木表朔の作品(B1720)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[10] 朝日豊斎燔師荒土朝日焼茶碗共箱
時代:30年程前の作
外径:13.9cm高さ:8.7cm

作者は京都の宇治川のほとりで遠州七窯の一つとして代々続く名窯の朝日焼14代松林豊斎で、三越や高島屋等の有名百貨店や画廊で個展を開催するなど全国的に活躍している。
作品の燔師とは師匠、すなわち朝日豊斎本人作で、従って普段にみる工房品と違い、綺麗な赤色の窯変や御本や前面には綺麗な乳白色の釉垂が出た素敵なお茶碗です。
作品は殆ど使われておらず、従って使用上で特に気になるようなキズや汚れ等はなく状態は非常に良。(B1736)
価格:37.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[9] 一后一兆源氏車蒔絵平棗共箱
時代40年程前の作
外径:8.6cm高さ:6.2cm

作者は石川県輪島市の蒔絵師として日展、工芸展等で数々の最高位の受賞歴を誇り、蒔絵師として最高峰の評価を受けた工芸会の巨匠の一人。
作品は波に源氏車の金蒔絵が施された平棗です。
作品は多少の経年感、使用感がありますが、使用上で特に気になるようなキズや汚れ等の難点はなく状態良好。(B1483)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[8] 長岡空権(11代)楽山焼茶碗共箱
時代:35年ほど前の作
外径:約14.9cmcm高さ:6.5〜6.9cm

楽山焼は島根県の出雲焼とも言われ、江戸初期に藩主の命により萩の陶工・倉崎権兵衛を招聘し、当時人気のあった高麗茶碗を手本に作陶したことに始まり、1800年代には松平不昧公の庇護のもと今日まで出雲の名窯として受け継がれ、作品は当代11代空権の作品です。
作品は楽山焼が代々大名の御用窯であっただけに、伝統の土灰の落ち着きのある釉薬がかかり、素敵な作品に仕上っています。
作品は殆ど使われておらず、従って使用上で気になるようなキズや汚れ等はなく状態は非常に良い(B1720)
価格:42.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[7] 即中斎箱書膳所焼肩衝茶入共箱
時代:50年程前の作
胴径:6.4cm高さ:6.4cm(蓋付)

作者は遠州七窯の一つとして小堀遠州や本阿弥光悦らにゆかりのある膳所焼の名窯で、大正期に再興いらい茶陶の名門・陽炎園として今日に至っている。
作品は多少の経年感および使用感がありますが、使用上で特に気になるような難点はなく状態良好。牙蓋付。(S1008)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[6] 岩本相伯柳に舟蒔絵香合共箱
時代:10年程前の作
横幅:6.4cm×縦幅:6.4cm×高さ:2.3cm

作者は輪島の蒔絵師として茶道具から高級家具まで50年以上のキャリアを持つベテラン作家。作品は高級材の柿材に素敵な蒔絵を施しています。
作品は殆ど未使用品と思われ、したがって使用上で特に気になるようなキズや汚れ等はなく状態は非常に良い(B1711)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[5] 一ノ瀬宗辰砂張利休好槍ノ鞘建水共箱
時代:20年程前の作
胴径:10.6cm高さ:14.6cm

作者は高岡銅器で有名な新潟県高岡市の茶道具の名匠で、数々の受賞歴や大手百貨店等で個展を開催するベテラン作家。
作品は多少の経年感、使用感がありますが、使用上で特に気になるようなキズや錆、汚れ等の難点はなく状態良好(B1716)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[4] 韓国人間国宝柳海剛青磁茶碗共箱
時代:35年程前の作
外径:15.0cm高さ:5.4cm

作者は初代柳海剛で韓国の無形文化財(人間国宝)に指定され、高麗青磁の再現に情熱を捧げ、韓国現代陶芸の祖と言われた名工。
作品は柳海剛が一番得意としている高麗青磁写の茶碗です。
作品は殆ど未使用と思われ、従って使用上で特に気になるような難点はなく状態は良好(B1538)
価格:19.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[3] 眞葛香斎源氏車蓋置共箱
時代:30年程前の作
胴径(上部):5.5cm高さ:5.1cm

作者は江戸末期に京都の名工として知られた宮川長造の流れをくむ名工の真葛焼5代目の宮川香斎。
作品は品格のある綺麗な源氏車を描いた作品です。
作品は殆ど未使用と思われ、従って使用上で気になるようなキズや汚れ等の難点はなく状態は非常に良い(B1713)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[2] 而妙斎箱書田原陶兵衛(12代)萩焼茶碗共箱
時代:35年程前の作
外径:13.8cmcm高さ:8.2cm

作者は萩焼の名工として全国的に知られ、1981年に山口県無形文化財に指定され、日本工芸会理事等を務めた萩焼きの重鎮で、特に高麗朝鮮の作品を研究して歴代陶兵衛の中でも12代の作品は最も高く評価され人気がある。また裏千家淡交会の役員を務めるなど茶道に通じた。
作品は朝鮮高麗の粉引き茶碗を明らかに意識して作られたと思われる雰囲気があり、素晴らし仕上がりの茶碗です。
作品は殆ど使われておらず、従って使用上で気になるようなキズや汚れ等はなく状態は非常に良い(J8774)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[1] 中里太郎右衛門(12代/人間国宝)絵唐津茶碗共箱
時代:50年程前の作
外径:約12.1cm高さ:7.9cm

作者は日本の陶芸界を代表する唐津焼の名工で、1976年に人間国宝に指定される。(無庵は大徳寺で得度し、無庵の号を受ける)
作品は中里無庵の本人作で工房品ではありません。
この作品は殆ど使われれておらず、したがって使用上で気になるようなキズや汚れ等の難点はなく状態は非常に良い(J8782)
価格: 売約済
 
   
 
ごゆっくりお楽しみください
*写真をクリックすると詳細写真が見られます。
前を見る 1 2 3 4 
 
   
 
お買い物方法  ご注文の前に、「お取引の方法」を必ずお読みください。
商品のご注文、お問い合わせはメールまたはFAXで承っております。

オンライン(メール)注文フォーム
Eメール order@kobijutsu-shonan.com
FAX 0466-26-0224
 (専用注文書をご用意しています。プリントアウトしてお使いください)

ホームページ http://www.kobijutsu-shonan.com
ご注文をお受けしますと、速やかにメールまたはFAX等で
 受注確認のご連絡をとらせて頂きます。

受注確認後、指定の金融機関の口座へ代金の振り込みをお願いします。

商品の発送は、入金確認後速やかにいたします。

 詳細については、[お取引の方法]をお読みください。
 
  ページトップへ  
   
  安心宣言通信販売法プライバシーポリシー
お問い合わせ店舗の概要お取引の方法FAX注文用紙リンク
 
Copyright(C)2004 Kobijutsu-Shonan. All Rights Resewved.