古美術湘南(神奈川県公安委員会公認)
安心宣言店舗の概要お取引の方法通信販売法FAX注文用紙リンク
HOME > うぶ品・新着コーナー
リピーターの方は、このページを【ブックマーク】されると便利です!  
うぶ品・新着コーナー
小田急線鵠沼海岸駅の隣りにオープンしました。 (写真をクリックして下さい)
ご注文、お問い合わせはFAXまたはメールでお願いいたします。
送料、消費税は当方負担です。
2点以上同時にお買上の場合は、2点目から1,000円値引きします。
おしらせ

1.古美術湘南の店舗

電話/FAX番号:0466-26-0224

住所:神奈川県藤沢市鵠沼松が岡
4丁目19番5号

小田急江ノ島線鵠沼海岸駅の隣り
(藤沢寄り踏切り角)

営業時間:11時〜18時

定休日:日曜・月曜日
(当分の間、日曜日もお休みします)

2.うぶ品・新着コーナーの更新は週末に
行います。(金曜夜10時予定)

ご注文方法
オンライン注文フォーム
Eメールで注文
FAXで注文
   
 
ごゆっくりお楽しみください
*写真をクリックすると詳細写真が見られます。
1 2 3 4  次を見る
 
   
 
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[62] 空権楽山焼茶碗共箱
時代:50年ほど前の作
外径:14.3cm〜14.7cm高さ:7.5cm

楽山焼は島根県の出雲焼とも言われ、江戸初期に藩主の命により萩の陶工・倉崎権兵衛を招聘し、当時人気のあった高麗茶碗を手本に作陶したことに始まり、1800年代には松平不昧公の庇護のもと今日まで出雲の名窯として受け継がれ、作者は11代空権。
作品は楽山焼が代々大名の御用窯であっただけに、伝統の土灰の落ち着きのある釉薬がかかり、品格のある素敵な作品に仕上がった最上作です。
作品は殆ど使われておらず、従ってキズや汚れ等はなく状態は非常に良い。木箱に『不昧公御用窯』の焼印があります。(J8605)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[61] 西村徳泉赤絵水指共箱
時代:50年程前の作
胴径:19.2cm(上部)高さ:17.3cm(蓋共)

作者は京都の五条坂時代の三代目西村徳泉。父の二代目徳泉と文化勲章受章の楠部弥弋、清水六兵衛に師事。各皇族へ茶器の献上、三千家各お家元の書付を受け、円覚寺朝比奈宗源(別峰)管長より徳泉の号を受ける。英国、フランス、ローマ法王庁などとの国際親善に努める。日展会友、各展審査員、京都工芸美術作家協会理事等を務め京都府の現代の名工に指定される。
作品は赤絵の花鳥を描いています。
作品は蓋に使用感があり、縁に1ヶ所キズ跡を補修していますが殆ど気にならない程度です。それ以外に使用上で特に気になるようなキズや汚れ等の難点はなく状態良好。尚、木箱はそれなりの経年感があります。(B1374)
価格:39.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[60] 大徳寺小林大玄老師一行書共箱
一行書『無事是吉祥』
時代:近年の作
寸法軸装横幅:31.0cm縦:170.7cm
紙本横幅:28.8cm縦:100.0cm

作者は大徳寺塔頭・黄梅院現住職の小林太玄老師。
作品は『ぶじこれきっしょう』と読み、意味は『何事もないのはめでたいこと。無事とは禅の最も重んじる事であり、従って真の吉祥事とは無事であること。』をいう。
作品は新品同様の未使用に近い状態で、従って使用上で気になるような難点は無く状態は非常に良い。(J8562)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[59] 中村恭蔵時代写楓鹿蒔絵大棗共箱
時代:30年程前の作
胴径:7.4cm高さ:7.4cm

作者は石川県加賀市の蒔絵師で全国漆器展等で大臣賞や知事賞等の多くの上位受賞歴のある中村恭蔵。
作品は桃山から江戸初期に流行った蒔絵手法で画かれたきれいな作品です。
作品は殆ど未使用と思われる綺麗で従って使用上で気になるような難点は無く状態は非常に良い。但し、木箱はそれなりの経年感があります。(Y928)
価格:22.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[58] 佐藤清光浜松地紋真形広口釜共箱
時代:20年程前の作
胴径:25.4cm高さ:21.9cm

作者は全国的に知られた山形県の釜師で、日展、伝統工芸展等で数々の高位授賞歴をもち、国指定の伝統工芸師に認定されている佐藤清光。
作品はきれいに浜松地紋のついた好感覚のお釜です。
作品は僅かに1〜2回使った程度で、従って内面は僅かに鋳込み穴の周辺などに小さなウス錆が点在している程度で、外面も蓋も含めて非常に綺麗で未使用品のような状態です。(B1246)
価格:24.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[57] 柳海剛青磁茶入共箱
時代:15年程前の作
外径:7.3cm高さ:8.2cm

作者は韓国の無形文化財(人間国宝)に指定されている初代柳海剛で、高麗青磁の再現に情熱を捧げ、韓国現代陶芸の祖と言われた重鎮。
この作品は姿形よく品格のある落ち着いた素敵な茶入れです。
作品は殆ど未使用と思われ、従って使用上で気になるような難点はなく状態は非常に良い。好感覚の高級仕覆と牙蓋が付いています。(B1376))
価格:25.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[56] 建仁寺竹田益州管長一行書共箱
一行書:『平常心是道』
時代:40程前の作
寸法軸装横幅:28,7cm縦:182.0cm
本紙横幅:25.5cm縦:103.9cm

作品は『びょうじょうしんぜどう』と読み、意味は『道とは何か特別なものではなく、普段のあたり前の心こそが道である』。即ち、『何の謀(はかりごと)もない、たった今の心こそが悟りである』を意味する。利休が『茶の湯とはただ湯を沸かし茶を点てて飲むばかりものとこそ知れ』と同じ意味である。
作者は竹田益州管長は大徳寺塔頭大仙院住職のあと大徳寺執事長を歴任、その後臨済宗、建仁寺445世・第8代管長を35年間も務められた高僧で、益州老師の書や茶杓はお茶席で評価が高く人気がある。
作品は全体的に薄ヤケがあります。軸木の中央右に虫の糞らしき痕跡がある以外に特に気になるような難点は無く状態良好。(B1356)
価格:26.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[55] 大樋年郎(10代大樋長左衛門)大樋焼飴釉茶碗共箱
文化勲章受章(平成23年度)
時代40年程前の作
胴径:約12.6cm高さ:約8.2cm

作者は日本を代表する陶工の一人で、大樋焼の10代目大樋長左衛門。作者は日展を中心に海外においても積極的に活動し、数々の最高位の受賞歴を誇り、国家文化功労者、芸術院会員、日展顧問等の陶芸界の要職に就いている重鎮。平成23年に陶芸界で初の文化勲章を受賞した。
作品は作者の技量が円熟し、国内はもとより国際的にも高く評価され、日展の特選や審査委員等を務めていた40年程前の作品で、姿形、飴釉の仕上がり等において出来の良い作品です。
作品は殆ど使われておらず、したがって使用上で特に気になるようなキズや汚れ等の難点は無く状態は非常に良い。(B1270)
価格:90.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[54] 淡々斎書付光斉作淡々斎好桑寿棚書付共箱
時代:70年程前の作
横幅:33.3cm縦幅:32.9cm高さ:42.0cm

作品は淡々斎宗匠好みの棚で、重量感があり、美しい木目の桑材、柱の先端には立派な装飾金具がついた素晴らしい棚です。天板の裏には淡々斎の花押、箱裏には書付があります。
作品は当然多少の経年感がありますが、ヨーロッパの古い高級家具を思わす雰囲気があります。近くでよく見ると水指跡が僅かにありますが全く気になりません。それ以外に特に気になるようなキズや汚れ等の難点はなく状態は非常に良い。お茶会で話題になるような素晴らしい棚です。(Y577)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[53] 大徳寺立花大亀老師一行書共箱
一行書『開門落葉多』
時代:30年程前の作
寸法軸装横幅:32.0cm縦:196.7cm
紙本横幅:29.8cm縦:118.7cm

作者は大徳寺511世で宗務総長、管長代務等を務められた高僧。大亀老師の作品は、お名前も大亀と長寿の象徴で、105歳のご長寿であったことから現代物としては最も人気があるお一人。
作品は『もんをひらけばらくようおおし』と読み、意味は、『夜が明けたので門を開けてみるとあたり一面に葉が落ちていた。夜中に聞いた雨音は、朝になれば実は軒先をたたく落葉の音であったという幽寂(ゆうじゃく)な閑居(かんきょ)の風情』すなわち『すべてを捨て、身も心も脱落した爽快(そうかい)な風光』をいう。
作品は経年による紙色の変化が足多少ありますが使用上は全く問題なく、それ以外に特に使用上で気になるようなキズや汚れ等の難点はなく状態は非常に良い(B1272)
価格:68.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[52] 井筒鳳斎松喰r鶴蒔絵共箱
時代:10年程前の作
外径:7.4cm高さ:7.5cm

作者は石川県の塗師・蒔絵師で、茶道具の塗師として有名な中村宗尹に弟子入り後の宗尹の父であり人間国宝の川北良造に師事して加賀蒔絵の技術を修得し30年のベテラン作家。
作品は殆ど使われておらず、従って使用上で特に気になるようなキズや汚れ等はなく状態は非常に良い。(B1155)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[51] 荒川武夫水月窯紅白梅茶碗共箱
時代:15年程前の作
胴径約:13.2cm高さ:約9.2cm

作者の水月窯は美濃焼きで知られた岐阜県多治見市虎渓山に人間国宝の荒川豊蔵が築いた窯をご長男の荒川武夫が継承・主峰し、その作品は一目で荒川豊蔵の作品を彷彿させる程に個性的で高く評価されている。現在は3代目荒川広一氏が活躍している。
作品は作者の作品の中でも絵付け、釉掛け、器体の成型共に素晴らしく、一見して荒川豊蔵の作品と見まがうばかりの秀作と思われます。
作品は殆ど未使用と思われ、従って使用上で特に気になるようなキズや汚れ等はなく状態は非常に良い。(B1270)
価格:41.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[50] 大徳寺福本積応老師一行書共箱
一行書『和気満高堂』
時代:20年程前の作
寸法軸装横幅:30.5cm縦:172.4cm
紙本横幅:27.2cm縦:92.7cm

作者は大徳寺派招春寺住職(昭和34年)・宝林寺住職(平成2年)・大徳寺派宗会議員などを務めた福本積應老師。
作品は『わきこうどうにみつ』と読み、『和気とは和睦の気、高堂は茶室のこと。』をいい『茶道は和を尊ぶ』ことを指し、『初春のめでたい風景』などを言う。
作品は全体的に未使用と思われる位にきれいですが『和』の周辺に薄シミが5〜6個所ほどほど点在していますが使用上は全く気にならない程度で、他には気になるような難点はなく状態は非常に良い(B735)
価格:21.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[49] 平安・光入吉野棚共木箱
時代:20年程前の作
横幅:33.4cm縦幅:33.3cm高さ:47.7cm

作品は裏千家円能斎宗匠好みの棚で、勝手付は季節により障子と簾が取替え可能となっている。
作者は京都の塗師として茶道具を中心に活躍し、棗、炉縁、棚等は高く評価されている。
作品は余り使われておらず、僅かに水指跡と思われるところに軽い変色がある程度で、使用上は全く気が付かず問題ありません。そ以外は使用上で特に気になる程の難点はなく状態は非常に良い(Y874)
価格:29.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[48] 大徳寺足立泰道老師一行書共箱
一行書:『日々是好日』
時代:20年程前の作
寸法軸装横幅:31.0cm縦:172.9cm
紙本横幅:28.6cm縦:97.8cm

作者は兵庫県豊岡市にある1323年再建の澤庵和尚を中興とする名刹の大徳寺派瑞龍山雲澤禅寺の足立泰道老師。
作品は『ひびこれこうじつ』と読み、『一日一日をどんな事があっても素晴らしい一日になるように誠実に精一杯生きること』を意味する』
作品は殆ど新品同様の未使用に近いの状態で、従って使用上で気になるようなキズや汚れ等の難点は無く状態は非常に良い。、(B1336)
価格:19.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[47] 清閑寺窯(杉田祥平)色絵ギリシャ風奉列香合共箱
時代20年程前の作
外径:6.9cm高さ:4.7cm

作者は戸時代より仁清、古清水の流れを継承し、現在、全国的に最も人気のある茶陶作家の一人である京都清水の名窯、清閑寺窯の3代目杉田祥平の窯作品。
作品は清閑寺窯の綺麗な多色絵とは異なり、大変珍しい画題と色絵の香合でです。
作品は殆ど使われておらず、したがって使用上で気になるようなキズや汚れ等はなく状態は非常に良い。(H1006
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[46] 大徳寺小林太玄老師一行書共箱
一行書『山雲海月情』
時代:20年程前の作
寸法軸装横幅:30.0cm縦:177.8cm
紙本横幅:27.6cm縦:102.7cm

作者は大徳寺塔頭・黄梅院の現住職の小林太玄老師。

作品は『さんうんかいげつのじょう』と読む。これは『語尽山雲海月情(かたりつくすさんうんかいげつのじょう)』からきた言葉、意味は『山上の雲、海に浮かぶ月』即ち『親しき友が心の全てを打ち明けて、ありのまま全てを語りつくすこと』を表す。
作品は経年によるウスヤケがありますが、それ以外に特に気になるような難点はなく状態良好。(B716)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[45] 加藤春鼎(3代目)古瀬戸茶碗共箱
時代:10年程前の作
外径:14.3cm高さ:7.3cm

作者は瀬戸焼の陶祖の藤四郎景正の子孫と言われる名門の加藤作助の分家で、初代は大茶人の益田鈍翁の薫陶、指導を受けて桃山時代の名品の復興に尽力した名工の3代目春鼎。
殆ど新品同様の未使用品と思われ、従ってキズや汚れ等は一切なく状態は非常に良い。(J8483)
価格:17.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[44] 円覚寺別峰管長一行書共箱
一行書『萬里一條鉄』
時代:40年程前の作
寸法軸装横幅:31.2cm縦:186.8cm
紙本横幅:28.6cm縦:106.8cm

作者は鎌倉の名刹・臨済宗円覚寺派大本山の215世貫主で10代管長を務めた朝比奈別峰師。また世界連邦の日本仏教徒協議会の会長として世界平和に尽力した。円覚寺は臨済宗のため、茶席では大徳寺や建仁寺等と同様に人気があり、特に別峰師の掛物は人気がある。
作品の『萬里一條鉄』は『ばんりいちじょうのてつ』と読み、意味は『一本の硬い鉄線が千里万里を貫き通している』を表し、すなわち『何事にも惑わされない強い意志と信念を貫き通す』の意味がある
作品は経年による薄ヤケ、軽い巻きシワ、『萬』の上と右にシミがありますが明るいところでは多少気になるかもしてませんが、茶室内の使用ではそれほど気になる程ではないと思います。但し、明るいところでは『條』と『鉄』の間の巻きシワは多少気になるかも知れません。これ等を考慮した価格にしてあります(Y295)
価格:19.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[43] 大徳寺立花大亀老師一行書共箱
一行書『山呼万歳声』
時代:20年程前の作
寸法軸装横幅:31.9cm縦:200.5cm
紙本横幅:29.5cm縦:124.9cm

作者は大徳寺511世で宗務総長、管長代務等を務められた高僧。大亀老師の作品は、お名前も大亀と長寿の象徴で、105歳のご長寿であったことから現代物としては最も人気があるお一人。

作品は『やまはよぶばんぜいのこえ』と読み、意味は『万歳とあげた声が全山にこだまして万歳、万歳、万々歳、と聞こえたという故事』に基く。即ち『自己と全山が一枚となり、雄大な山そのものが万歳の響きである』を表す。
作品は保存も良く、殆ど未使用に近く、従って使用上で特に気になるような難点はなく状態は非常に良い。(Y902)
価格:60.000 円 売約未
 
   
 
ごゆっくりお楽しみください
*写真をクリックすると詳細写真が見られます。
1 2 3 4  次を見る
 
   
 
お買い物方法  ご注文の前に、「お取引の方法」を必ずお読みください。
商品のご注文、お問い合わせはメールまたはFAXで承っております。

オンライン(メール)注文フォーム
Eメール order@kobijutsu-shonan.com
FAX 0466-26-0224
 (専用注文書をご用意しています。プリントアウトしてお使いください)

ホームページ http://www.kobijutsu-shonan.com
ご注文をお受けしますと、速やかにメールまたはFAX等で
 受注確認のご連絡をとらせて頂きます。

受注確認後、指定の金融機関の口座へ代金の振り込みをお願いします。

商品の発送は、入金確認後速やかにいたします。

 詳細については、[お取引の方法]をお読みください。
 
  ページトップへ  
   
  安心宣言通信販売法プライバシーポリシー
お問い合わせ店舗の概要お取引の方法FAX注文用紙リンク
 
Copyright(C)2004 Kobijutsu-Shonan. All Rights Resewved.