古美術湘南(神奈川県公安委員会公認)
安心宣言店舗の概要お取引の方法通信販売法FAX注文用紙リンク
HOME > 常設展示コーナー > 茶道具 棗・茶器
常設展示コーナー
茶道具棗・茶器
ご注文方法
オンライン注文フォーム
Eメールで注文
FAXで注文

写真をクリックすると詳細写真が見られます。

 
 
 
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[8] 即中斎書付川端近左高台寺蒔絵小棗共箱
時代:50年程前の作
外径:6.1cm高さ:6.3cm

作者は大阪市の漆芸家の5代川端近左で、近左の作品は千家十職の中村宗哲と並び称され、特に蒔絵技術の品格ある美しさは最高峰と言われており、とりわけこの作者の5代目近左は歴代の中でも最高の評価を受けている。現在は6代目が盛業中。
作品は即中斎宗左書付の高台寺蒔絵の小棗で、繊細で品格のある蒔絵はさすがに近左らしい出来栄えです。
作品は余り使われておらず、従って使用上で特に気になるようなキズや汚れ等の難点は無く状態良好。桐箱は多少の経年感がありますが問題はありません。(Y616)
価格:50.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[7] 一瓢斎唐松蒔絵大棗共箱
時代:25年程前の作
外径:7.3cm高さ:7.5cm

作者は京都で代々続く著名な京蒔絵作家の7代目一瓢斎(一瓢栄造)。高級茶道具の蒔絵師として知られ、各千家を始め各流派の書付品ともなっている。作者は展覧会等に殆ど出品しないが、その作品は高く評価され人気がある。
作品は金と銀の唐松蒔絵が施されていますが、写真では銀色が少し分かりずらいですが、現物は写真よりも綺麗な素敵な金銀蒔絵です。
作品は殆ど使われておらず、従って、使用上で特に気になるような、キズや汚れ等の難点はなく非常に良い(B1454)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[6] 翆芳観世波蒔絵平棗共箱
時代:40年程前の作
外径:8.6cm高さ:6.0cm
観世水とは京都西陣の観阿弥が足利将軍から拝領した邸宅内にあった観世稲荷社がそのまま残っており、その傍らに『観世水』と呼ばれる井戸があり、その水面の波紋を観世水と呼び、能装束につかわれる格調の高い柄をいう。
作者の翆芳については加賀蒔絵師と思われますが詳細は分かりません。
作品はあまり使われておらず、従って使用上で特に気になるようなキズや汚れ等はなく状態良好。但し木箱は経年のヤケ多少があります(B473)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[5] 渡辺松悦扇面四季蒔絵大棗共箱
時代:30年程前の作
外径:7.3cmcm高さ:7.4cm

作者は石川県山中町のベテラン加賀蒔絵師。
作品は扇面の中に金蒔絵で四季の花鳥を描いた素敵な棗です。
作品多少の使用感等がありますが殆ど使われておらず、従って使用上で特に気になるようなキズや汚れ等はなく状態は非常に良い(Y721)
価格:50.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[4] 鵬雲斎玄室書付前畑春斉唐松蒔絵平棗共箱・二重箱
時代:20年程前の作
外径:8.5cm高さ:6.1cm

作者は石川県の加賀蒔絵師として著名な前畑雅邦の長男で、父と保谷美成について加賀蒔絵を修得し、昭和60年に3代目春斉を襲名する。
作品の金蒔絵および黒漆地は非常に綺麗で、内面および底の銀地部分は銀特有の酸化膜が付いてやや黒ずんでいますが銀特有のもので難点ではありません。それ以外に使用上で特に気になるようなキズや汚れ等はなく状態良好(B1484)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[3] 前畑春斎唐松蒔絵共箱・二重箱
時代:15年程前の作
外径:7.2cm高さ:7.3cm

作者は石川県加賀市の山中塗で全国的に知られた著名蒔絵師の前畑春斎。
この作品の金蒔絵は写真よりも現物の方が綺麗です。
作品の金蒔絵および黒地は非常に綺麗で、内面および底の銀地部分は銀特有の酸化膜が付いてやや黒ずんでいますが銀特有のもので難点ではありません。それ以外に使用上で特に気になるようなキズや汚れ等はなく状態良好(F1209)
価格:75.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[2] 和田瑾斉汐汲蒔絵大棗共箱
時代:35年程前の作
外径:8.0cm高さ:8.3cm

作者は石川県山中町の漆芸家で、蒔絵技術の高さから裏千家淡々斎宗室から『瑾斉』の号を授かる。
作品は汐釜や汲み桶など見事な金蒔絵が施されて、内面は綺麗な朱金地塗の豪華で印象的な素敵な棗です。
作品は僅かに使用感、経年感がありますが、あまり使われておらず、従って使用上で特に気になるようなキズや汚れ等はなく状態は非常に良い(Y960)
価格:50.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[1] 川瀬表完鱗鶴蒔絵内銀地共箱
時代:20年程前の作
外径:7.3cm高さ:7.4cm

作者は江戸末期より続く京塗の名門で、通産省・京都府の『京の名工』、厚生労働大臣『現代の名工』に指定され、全国的に著名な3代目川瀬表完。
作品は余り使われておらず外面蒔絵は非常に綺麗ですが、内面の銀地にクリーニングのために布で拭った跡が薄くありますが使用上は全く問題ありません。外面底部は銀特有の酸化銀色があります。それ以外は使用上で特に気になるような難点はなく状態良好(B1172)
価格:26.000 円 売約未
 
   
 
 
お買い物方法  ご注文の前に、「お取引の方法」を必ずお読みください。
商品のご注文、お問い合わせはメールまたはFAXで承っております。

オンライン(メール)注文フォーム
Eメール order@kobijutsu-shonan.com
FAX 0466-26-0224
 (専用注文書をご用意しています。プリントアウトしてお使いください)

ホームページ http://www.kobijutsu-shonan.com
ご注文をお受けしますと、速やかにメールまたはFAX等で
 受注確認のご連絡をとらせて頂きます。

受注確認後、指定の金融機関の口座へ代金の振り込みをお願いします。

商品の発送は、入金確認後速やかにいたします。

 詳細については、[お取引の方法]をお読みください。
 
  ページトップへ  
   
  安心宣言通信販売法プライバシーポリシー
お問い合わせ店舗の概要お取引の方法FAX注文用紙リンク
 
Copyright(C)2004 Kobijutsu-Shonan. All Rights Resewved.