古美術湘南(神奈川県公安委員会公認)
安心宣言店舗の概要お取引の方法通信販売法FAX注文用紙リンク
HOME > 常設展示コーナー > 茶道具 茶碗
常設展示コーナー
茶道具茶碗
ご注文方法
オンライン注文フォーム
Eメールで注文
FAXで注文

写真をクリックすると詳細写真が見られます。

 
1 2  次を見る
 
 
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[29] 若尾利貞斑(まだら)茶碗共箱
時代:40年程前の作
外径:約14.5cm高さ:約8.9cm

作者は岐阜県多治見市の出身で、志野等の桃山時代の茶陶を得意とし、数々の受賞歴と共に岐阜県の無形文化財に指定され、国の無形文化財の候補になるほどの実力人気作家。
作品は作者の作品としては珍しい斑(まだら)模様のやや大きめの魅力的な作品です。
作品は殆ど未使用品と思われ、従って使用上で気になるような難点はなく、状態は非常に良い(J8702)
価格:48.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[28] 膳所焼色絵旅人茶碗共箱
時代:20年程前の作
外径:約11.7cm高さ:約8.0cm(MAX)

作者は遠州七窯の一つとして小堀遠州や本阿弥光悦らにゆかりのある膳所焼の名窯で、大正期に再興いらい茶陶の名門・陽炎園として作陶を続ける岩崎新定。
作品は殆ど未使用と思われ、従って使用上で気になるようなキズや汚れ等はなく状態は非常に良い。(B1067)
価格:30.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[27] 杉田祥平色絵雲錦四季草花ノ画茶碗共箱
時代:近年の作
外径:12.3cm高さ:8.2cm

作者は江戸時代より仁清、古清水の流れを継承し、現在、全国的に人気のある茶陶作家である京都清水の名窯、清閑寺窯の四代目杉田祥平。
作品は四季を謳歌するかのように各季節の満開の花を描いた豪華な雰囲気の素晴らしいお茶碗です。
作品は新品同様の未使用品で、従って使用上で特に気になるようなキズや汚れ等の難点はなく状態は非常に良い。(B1211)
価格:52.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[26] 鵬雲斎玄室箱書高麗呉器茶碗時代箱
銘:『山の井』時代:李朝時代の作
外径:約13.6cm高さ:10.5cm

作品は朝鮮半島で江戸初期に日本に伝来した飯器が茶器として注目され、茶人の要望で茶道具として製作して渡来したもので、姿形、窯変ともに非常に出来の良いお茶碗です、飯器の姿を残しながら、紅葉色が内外面に出て、幕釉が掛かった見どころが多い素晴らしい作品です。
作品は使用上で特に気になるようなキズや汚れ等はなく状態は非常に良い。下地(素焼きの状態)に1か所ニュウががありますが、釉の下で全く問題ありません。特別価格でお譲りいたします。(F1421)
価格:350.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[25] 鵬雲斎玄室箱書大樋年郎(10代大樋長左衛門)飴釉茶碗共箱
文化勲章受章(平成23年度)
時代40年余前の作
胴径:約13.2cm×高さ:約9.1cm

作者は日本を代表する陶工の一人の10代目大樋長左衛門。作者は日展を中心に海外においても活動し、数々の最高位の受賞歴を誇り、国家文化功労者、芸術院会員、日展顧問等の陶芸界の要職に就いている重鎮で、平成23年に陶芸界で初の文化勲章を受賞した。
作品は作者の技量が国内はもとより国際的にも高く評価され、飴釉の技術が確立した40年程前の作品で、落ち着いた出来の良い作品で鵬雲斎玄室の書付のついたお茶碗でう。
作品は殆ど使われておらず、したがって使用上で特に気になるようなキズや汚れ等の難点は無く状態は非常に良い(B1413)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[24] 鵬雲斎玄室箱書宮川香雲桐竹絵茶碗共箱
時代:20年程前の作
外径:12.6cm高さ:7.8cm

作者は京焼茶陶作家として著名な竜谷窯の2代目宮川香雲。初代が名工の誉れ高い真葛・宮川香斎から分家した名門で、作者は6代清水六兵衛に師事し、色絵、仁清、乾山風の作品を得意とし、上品な作風が特徴で、その作品は茶道各千家家元の書付品がお茶会等でしばしば見られる程に高く評価されている。
作品は僅かに使用感がありますが殆ど使われておらず、従って使用上で特に気になるようなキズや汚れ等の難点はなく、状態は非常に良い。鵬雲斎玄室の書付が付いた最上作で、やや大きめの見事な色絵のお茶碗です(J8648)
価格:110.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[23] 橋本永豊彩流釉菊枝茶碗共箱
時代:10年ほど前の作高さ:8.6cm

作者は京焼作家として綺麗な仁清写しを作陶することで人気が高かった橋本永豊の二代目を継承した橋本永豊で、同志社大学卒業後に京都市立工業試験場・伝統産業技術者研修「陶磁器釉薬コース」を修了し、その後に京都府立陶工高等技術専門校・陶磁器成形科を修了し、二代目「永豊」襲名。父親同様に仁清写しの綺麗な色絵を得意として評価が高い。
作品は釉薬の流れと菊の絵のバランスが絶妙で、高級感のある魅力的な作品です。
作品は殆ど使われておらず、従って使用上で特に気になるような難点はなく状態良好。(H571)
価格:26.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[22] 沈寿官(14代)薩摩焼茶碗共箱
時代:35年程前の作
外径:12.3cm高さ:7.9cm

作者は慶長年間に秀吉の朝鮮出兵の帰路に連れてこられた陶工により始まる薩摩焼の宗家として400年続く名門の14代目沈寿官で、現在は平成11年にご子息が15代目沈寿官を継承している。
作品は薩摩焼の第一人者の茶碗らしく、絵付け、釉掛け、姿形ともに格調高く上品に仕上がっている。
作品は多少の使用感がありますが余り使われておらず、従って使用上で特に気になるようなキズや汚れ等はなく状態は良好。(B1351)
価格:48.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[21] 西川實刷毛目茶碗共箱
時代:30年程前の作
外径:14.3cm高さ:6.6cm

作者は京都の陶芸家で、人間国宝の楠部弥弌に師事した後、日展を中心に活躍、日展菊花賞・特選・北斗賞受賞、京都府工美展優秀賞、朝日陶芸展1席、現代工芸展 外務大臣賞、総理大臣賞等受賞歴多数。日本陶芸展招待出品。日展審査員等も務め京都文化賞、功労賞を受賞。
作品はすっきりした明るい感覚の使い易いお茶碗です。
作品は殆ど未使用と思われ、従って使用上で特に気になるようなキズや汚れ等はなく状態は非常に良い(U2012)
価格:17.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[20] 西村徳泉青海波つぼつぼ茶碗共箱
時代:15年程前の作
外径:11.9cm高さ:8.9cm

作者は京都の宇治に紫翠窯を主峰する三代目西村徳泉。父の二代目徳泉と文化勲章受章の楠部弥弋に師事。各皇族へ茶器の献上、三千家各お家元の書付を受け、円覚寺の別峰管長より徳泉の号を受ける。英国、フランス、ローマ法王庁などとの国際親善に努める。日展会友、各展審査員、京都工芸美術作家協会理事等を務め京都府の現代の名工に指定。
作品は未使用品で、従って使用上で特に気になるような難点はまく状態は非常に良い(J8536)
価格:25.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[19] 大樋年朗(10代大樋長左衛門)別作黒茶碗共箱
文化勲章受章(平成23年度)
時代35年余前の作
胴径:約12.5cm×高さ:約8.6cm

作者は日本を代表する陶工の一人の10代目大樋長左衛門。作者は日展を中心に海外においても活動し、数々の最高位の受賞歴を誇り陶芸界の要職に就いている重鎮。平成23年に陶芸界初の文化勲章を受賞。
作品は殆ど使われておらず、したがって使用上で特に気になるようなキズや汚れ等の難点は無く状態は非常に良い。内面に二か所と外面に1ヶ所の凹み跡がありますが、高温の窯から出す際に火ハサミで掴んだ圧痕で、すべての楽系の黒茶碗にあるものであり、本歌の証で欠陥ではない。写真ではわかりずらいですが、光沢のある厚手の黒幕釉が付き、個展や特別注文等に使われる『別作』が箱に記載された最上作です(B8685)
価格:210.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[18] 韓国人間国宝柳海剛青磁茶碗共箱
時代:30年程前の作
外径:15.2cm高さ:5.6cm

作者は韓国の初代柳海剛で無形文化財(人間国宝)に指定され、高麗青磁の再現に情熱を捧げ、韓国現代陶芸の祖と言われた名工。
作品は柳海剛が一番得意としている高麗青磁写の茶碗で、内外面に鶴と雲が画かれた代表作品。作者の作品の中でも特に丁重に作られた品格のある出来の良い作品です。
作品は殆ど未使用と思われ、従って使用上で特に気になるような難点はなく状態は非常に良い。(KB1494)
価格:26.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[17] 眞葛香斎家の榮茶碗共箱
時代:35年程前作
外径:13.0cm高さ:7.7cm

作者は江戸末期に京都の名工として知られた宮川長造の流れをくむ名工・2代目眞葛香斎。
作品は村の家が金銀で描かれ、松竹梅の花木に囲まれた大変お目出度い図柄です。真葛作品特有の豪華な色彩の素敵なお茶碗です。
作品は僅かに使用感がありますが殆ど使われておらず、従って使用上で特に気になるようなキズや汚れ等はなく状態は良好(B1459)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[16] 人間国宝三輪休雪(10代)萩茶碗共箱
時代:60年程前の作
外径:約12.8cm高さ:約8.2cm

作者は萩焼の巨匠の10代三輪休雪。川喜田半泥子の元で荒川豊蔵、金重東陽と『ひらかね会』を結成し、近代茶陶文化が本格的に始まる。また萩焼が今日の隆盛をなした大功労者。1970年に人間国宝に指定される。1967年には弟に家督と休雪の名をゆずり休和と改号
作品は乳白色の綺麗な釉が掛り出来の良い作品で、使用上で気になるような難点は無く状態良好。特別価格で提供いたします。(Y617)
価格:290.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[15] 小川長楽赤茶碗共箱
時代:40年程前の作
胴径:約12.0cm高さ:約8.0cm

作者は京都の茶陶の名窯「長楽窯」の二代目長楽。初代は400年の伝統を持つ楽家11代の慶入に弟子入りし、卓越した技量で唯一楽家から独立を許される。2代目小川長楽は明治45年に生まれ昭和14年に初代没後二代目長楽を襲名する。裏千家14世淡々斎宗匠の推挙にて建仁寺派第5代管長古渡庵頴川老師より『景雲』の号を賜る。その卓越した技量により芸術保存作家に指定される。現在は三代目が盛業中。

作品は2代長楽の技量が充実した時期に作られたものと思われ、姿・形状・釉掛け共に素晴らしく、特に内外面ともに上品な白釉がかかった素敵な作品です。惜しむらくは外面の白釉の中に周辺よりもやや濃い白釉の色ムラ(約1cm)がありますが、フラッシュの加減で実物よりもやや目立ちますが、実物は使用上まったく問題ありません。
作品は殆ど使われておらず、前述した白釉の色ムラ1箇所を除いて使用上で特に気になるような難点は無く状態は非常に良い。特別価格でお譲りいたします。(B522)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[14] 鵬雲斎玄室箱書大樋長左衛門(9代)黒茶碗共箱
銘:『有悦』
45年程前の作
胴径:約12.3cm高さ:約8.1cm

作者は大樋焼き350年の歴史の中でも特に名工の誉れが高く、裏千家淡々斎宗匠より茶道文化賞を受け、鵬雲斎大宗匠より陶土斎の号を受ける。
作品は外面に見事な黒幕釉が掛り、その先端には波打ち際の泡しぶきのような白釉が現れた素晴らしい景色を演出しており、名工の名にふさわしい秀作です。
作品は殆ど使われておらず、従って使用上で特に気になるようなキズや汚れ等の難点は無く状態は非常に良い。但し、内面に黒茶碗特有の釜から出して急冷する際に使う金鋏の跡に変色した圧痕が2ヶ所ついておりますがこれは欠陥ではありません。最上作品です。(F1336))
価格:350.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[13] 波多野善蔵萩焼茶碗共箱
山口県無形文化財指定
時代:15年程前の作
外径:13.0cm高さ:9.1cm

作者は萩焼を代表する名工の一人で山口県萩市の波多野指月窯の波多野善蔵。作者は特に高麗焼きの魅力に取り付かれ、焼きあがって世に出る作品は10個に1個という難しさにも関わらず追求しつずけていた。日本伝統工芸展等の数々の高位受賞歴と共に高島屋や大丸等の有名百貨店で個展を開催。
この作品は普段に見る作品に比較し、素晴らしい窯変が出た風格と気品を兼ね備えた最上級のお茶碗です。
作品は多少の使用感がありますが使用上で特に気になるようなキズや汚れ等はなく状態良好。(J8622)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[12] 淡々斎宗室箱書萩焼茶碗共箱
銘:『曙』
時代:70年程前の作
外径:約12.3cm高さ:約7.5cm

作者は萩焼の窯元として400年の伝統を代々受け継ぐ12代目で、明治〜昭和時代に活躍した。昭和23年萩焼美術陶芸協会会長。32年選択無形文化財保持者。萩焼の販路拡大に尽力し、今日の萩焼隆盛をみた萩焼中興の祖と言われる。
作品は淡々斎宗室に『曙』と命名したように、見事な窯変がまるで早朝の東の空の夜明けの景色のように見える事から命名されたものと思われます。
作品は経年感、使用感がありますが使用上で特に気になるような難点はありません。茶碗には作者の印がありません。(F1334)
価格:95.000 円 売約未
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[11] 中里太郎右エ門(13代)唐津茶碗共箱
時代:40年程前の作
外径:14.1cm高さ:7.8cm

作者は唐津焼の人間国宝であった12代中里無庵の長男で、佐賀県無形文化財、日本工巧会会長、芸術院会員、国際アカデミー会員等の多くの要職にあった陶芸界の重鎮の一人。
作品は斑唐津風の魅力的な釉薬が掛っており、ぐい?には時々見られるが茶碗には珍しい。
作品は殆ど使われておらず、従って使用上で特に気になるようなキズや汚れ等はなく状態は非常に良い。このお茶碗は13代太郎右衛門ご本人作で窯物ではありません。特別価格でお譲りいたします。(Y309)
価格: 売約済
クリックすると詳細をご覧頂けます
商品番号[10] 田原陶兵衛(12代)萩焼茶碗共箱
時代:35年程前の作
外径:14.2cmcm高さ:7.8cm

作者は萩焼の名工として全国的に知られ、山口県無形文化財に指定され、日本工芸会理事等を務めた萩焼きの重鎮で、歴代陶兵衛の中でも12代は最も高く評価され人気がある。また裏千家淡交会の役員を務めるなど茶道に通じた。平成3年没。
作品は姿形、釉掛けもよく、出来の良い素敵なお茶碗です。
作品は殆ど未使用と思われ使われておらず、従って使用上で特に気になるようなキズや汚れ等はなく状態は非常に良い。(F1121))
価格:77.000 円 売約未
 
   
1 2  次を見る
 
 
お買い物方法  ご注文の前に、「お取引の方法」を必ずお読みください。
商品のご注文、お問い合わせはメールまたはFAXで承っております。

オンライン(メール)注文フォーム
Eメール order@kobijutsu-shonan.com
FAX 0466-26-0224
 (専用注文書をご用意しています。プリントアウトしてお使いください)

ホームページ http://www.kobijutsu-shonan.com
ご注文をお受けしますと、速やかにメールまたはFAX等で
 受注確認のご連絡をとらせて頂きます。

受注確認後、指定の金融機関の口座へ代金の振り込みをお願いします。

商品の発送は、入金確認後速やかにいたします。

 詳細については、[お取引の方法]をお読みください。
 
  ページトップへ  
   
  安心宣言通信販売法プライバシーポリシー
お問い合わせ店舗の概要お取引の方法FAX注文用紙リンク
 
Copyright(C)2004 Kobijutsu-Shonan. All Rights Resewved.